チランジアの棚の様子。

f:id:yanda30:20180115083736j:image

チランジアの棚の様子、寝室の出窓に棚を自作しています。現在は30品種ぐらいを育てていると思います。コルクや流木に固定した状態でそのまま置いたり、針金で吊ったりして育てています。

この棚の環境としては、サーキュレーター2台を常時運転中です。夜間に霧吹きで水を与えているのですが、葉と葉の間に長時間水が溜まることを防ぐ為に、常に弱風で空気の流れを作っています。

加えて冬の時期は湿度が下がるので、お皿に水を張ったり、自作でペットボトルと紐で自然加湿器を作って置いてます。

水は夜間に霧吹きでで毎日与えています。ただし、強弱を付けていて、ひと吹きする日と3日おきぐらいで水が滴るまで吹きつける日を設けています。冬の時期は暖房を入れっぱなしで寝ているので、朝もひと吹きしています。