心療内科で診断を受診してきました。2

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

前回の診断ではセルシンを処方されましたが、今回はサインバルタ20mgを処方されました。

朝、会社に出勤した時または帰宅する時、頭がフワフワしたような覚醒していないような気がしている。
考え過ぎると頭が痛くなる、頭がオーバーヒートしているような感じで熱が出る。
などなど、自分の状態を話したところ、脳の仕組みについての説明を受けました。
脳内ではセロトニンという物質が神経伝達をする為に働いているらしい。ただし、人間の体内においてはセロトニンという物質は貴重なので、使い終わったら再利用しているらしい。
このWebサイト情報(うつ病や不眠症に関わりの深い セロトニン神経とは!?(参照:http://www.01serotonin.com/syokuzai-serotonin.html))によると、セロトニンを合成するためには、必須アミノ酸であるトリプトファン、ビタミンB6、炭水化物が必要で、食事の際はゆっくりとよく噛んで食べる事が大切らしいです。

このサインバルタ20mgの服用は1日1回で、服用後何週間後かに効果が出始めるらしいので、来週も心療内科を受診する予定です。
このまま心療内科に通い続けて、この{精神状態の不安定に心のテンションが振り回される状態」と上手に付き合うことができるようになります。