読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田の読書手帳

f:id:yanda30:20130123230252j:plain
f:id:yanda30:20130123230336j:plain
f:id:yanda30:20130123230356j:plain
これは私が今使っている読書手帳です。読書をしながら印象に残った文章を、この手帳に書き留めています。
PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]

PRESIDENT (プレジデント) 2013年 2/4号 [雑誌]

このPRESIDENT 2013.2.4号で印象に残った文章は62ページに書かれていたこの文章
日本のサラリーマンは、プロフェッショナル(専門家)ではなく、それぞれの会社に最適化されたジェネラリスト(総合職)で、その技能や経験は会社を離れるとなんの価値もなくなる。(中略)大事なのは「自分の人的資本はどこにあるか」

この文章を読んでハッとさせられました。自分が持っている要素技術は少ないと思いました。会社の資産が無いと仕事が成り立たないので、いざという時(例えば明日から来なくてもイイよと言われた場合)のために、会社依存度を徐々に下げるという努力も必要だと感じました。

依存度を下げる具体策は、これから考えます。

広告を非表示にする