私にとってのブルーフライデー。

世間では週末の金曜日のことを「花金」とか言って親しんでいるが、仕事の量に振り回されている私にとっては
「ブルーフライデー」
私を憂鬱にさせる一日だ。

周りの人間は飲み会で浮かれているが、私は仕事をしなければならず、結局参加できない。

「ブルーフライデー」

休日出勤したくないので、終電もしくは翌日の始発まで仕事をするため、たいてい長時間勤務となる。

「ブルーフライデー」

会社帰り、酒に酔った同僚とすれ違う、もしくは会社の最寄り駅で鉢合わせる。相手は飲み会で終電、私は仕事で終電。このギャップが精神的ストレスとなる。

「ブルーフライデー」

私は社会人13年目。いつになったら、長時間勤務によって仕事を処理するような、仕事のやり方から抜け出すことができるのか?定年60歳で考えると、残された時間は25年。この期間内に老後の生活費も確保しないといけないので、たまには働き方について考えよう。


広告を非表示にする