新人教育に対する考えを改めようかなと思いました。

PRESIDENT 2014年 9/15号の133ページに掲載されている記事を読んで、現在の私の新人教育に対する考え方を、悔い改めようかなと思いました。
これまでの私の新人教育に対する考え方の大きな柱、考え方、所感は、
「仕事は自分から取りに行く」
「教えてくれるのは当たり前、ではない」
「新人同士で連むのは、甘えが生じるので良いことではない」
「今はこんなんだけど、昔は違った」

というものだったのですが、これからは、私の方から新人に歩み寄ることが必要だと感じました。
新人は「人手」ではなく「人材の種」自分の仕事ばかりではなく、育てることも修得しないと、将来苦労するのは自分。


なんちゃって。

広告を非表示にする