花が咲いた後に枯れたチランジア。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:yanda30:20180604074100j:image

2018年6月上旬

このチランジア ネグレクタ・スモールフォームは、花が咲いた後に枯れました。時間をかけて、徐々に枯れていきました。自分の水の与え方が間違っていたのかもしれませんが、徐々に枯れていく様を観察することは、自分の心も滅入ります。事例列を逆にして写真を貼っていきますと、

f:id:yanda30:20180604074858j:image

2017年5月下旬 この時から根元から枯れが進み始めていました。

f:id:yanda30:20180604075503j:image

2015年11月下旬チランジアのネグレクタ・スモールフォームの花が咲きそうです。 - 山田の戯言

f:id:yanda30:20180604075747j:image

2015年10月中旬新たにチランジアを買いました。 - 山田の戯言

このように、花が咲いた後に2年半という時間をかけて、徐々に枯れていきました。このチランジアには子株は出てこなかったので、ここでこの株は終わりです。

花が咲いた後に種らしきものがあったのですが、当時は花が咲いた後にチランジアの株自体が枯れるなんて知らなかったし、種から育てるのは難易度高いだろうと思って、花が咲き終わって暫く経った後に茎をハサミで切って捨ててしまいました。

f:id:yanda30:20180604081305j:image

ただ、私が育てているチランジアのうち、花が咲いた後に子株が出てきたチランジアもあります。子株が出てきたチランジアについては、別の記事で書きます。